読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーライス

好きなデッキで勝ちたいじゃないですか

ヒノキ杯

こちらは秋田市内で行われた中規模のBOX争奪戦になります。

前日のガッチャCSで環境デッキに勝てなかったのと、気楽に行こうということで一度公認で回したAF超量を当日の朝練り直してデッキ完成。
 
それがこちら
f:id:hori3156:20151126222625j:image
f:id:hori3156:20151126222644j:image

エクストラのシャクフォの隣はガイアドラグーン

レシピの改善点としてブルー、レッド、AFの使い回しの為にリビデを入れてましたがミラフォや神の通告に変えた方が良かったと思います。 

そもそも通告を1枚しか持ってなかったため1枚になってます。

そして結果は

①EM○✖️○ マグナス1
②EMEmヴォルカ○○
③EMEm✖️✖️ マグナス1
準々決勝EMEm○✖️○
準決勝EMEm✖️✖️
3決EX0帝○✖️○ マグナス1
で3位でした。
正直当の本人はここまで上がると思ってませんでした。


浅いながらもこのデッキを使ってて感じた強い動きを紹介します。
制限カード、手札誘発無視前提ですがこういう動きもあるということでお願いします。
①アルファン+ソルチャ
 アルファンnsデッキからss効果で赤、緑、青選択。
何がssされようとソウルチャージでアルファン以外蘇生し、青でキャリアサーチ、赤でアルファン回収すると手札コストを稼ぎつつマグナスssの準備が整います。
要は墓地に赤、緑、青があり、キャリアが 発動できればOK
 
 ②デスサイス+緊急テレポート
相手ターンデスサイスssし動きを止め、自ターン緊急テレポート
パターン1:幽鬼うさぎss→スカーライト
パターン2:青ss赤サーチ、青リリースして赤ns
ここで赤の効果で青回収してもいいし、使わずデスサイスとエクシーズしてシャクフォss、赤切って効果発動。
落ちた赤効果で青ss、2400×2、1200で6000ダメ、メイン2で青にキャリア発動でグランパルスss
 
③サイドからドロール使用
赤ssアルファンns、アルファンレベル合わせ効果で赤と合わせデュランダルエクシーズ。
相手ターンサーチに合わせてデュランダルシャッフル効果チェーンドロール効果でハンデス

こんな感じですかね。
AF型だと先攻マグナスはソルチャが絡むor手札に緊急テレポート+赤青緑揃っていたりしないと出せないです。
戦い方としてパルスとAFのシナジーを活かして戦い、隙を見て素材4以上マグナス降臨という感じです。
EMやEm型とは違ってぶん回しでもないし、リソース不足があるので使う人を選ぶかと思います。
 

即興で作ったようなもんなので改善点はいくらでもあるので、できればtwitterの方でダメだしやアドバイスのコメント欲しいです。
よろしくお願いします。
 
 

ガッチャCSR(短め)

 

お久しぶりでございます。

ガッチャが納得いく結果でなく、書くモチベ上がらなかったので間が空いてしまいました。
兎にも角にも反省はします。
 
ガッチャCSR
使用:インフェルノイド
①彼岸✖️✖️
②銀河○○
③帝○○
④AFセイク○✖️○
⑤超量帝○✖️
⑥EMEm○✖️✖️
⑦ネクロス○○
4-2-1で17位でした。
 
次にレシピです
f:id:hori3156:20151126215112j:image
f:id:hori3156:20151126215147j:image
以前と大きく変わった所は、
①最上級をメインから抜きました。
神の5枚がメインで入っている環境でリソース3枚消費は恐かったため抜きました。
結果的に帝に対して打点や効果が有効なネヘモス1枚なら、入れたままでも良かったかもしれないです。
 
②サイドのシャイターン
主に罠ビやAFに対して強い効果を発揮します。
実際にAF銀河やAFセイクリッド戦で投入しました。
 
③罠を大量に増やしました。
先攻ナチュビや大量展開を返すために激流葬、ミラフォ。
先攻Pスケールを割るために、ノイドでは貴重な手札誘発のタイフーン。
後続確保を止めるために手違い。
以上の罠をいれました。
御前や割拠をメイン、サイドから抜いた理由として発動を見てからツイツイ、EMEmが張られても抜け道が多くあったりと、致命的ではない感じがしたので、除去に回すことにしました。
 
④虚夢をサイドからも外しました。
虚夢からのティエラは決まれば強いのは確かですが、EMEmの先攻ナチュビ、ルーラー等の展開には効くとは思えず、特に有効だった彼岸に対しても、マスクチェンジが流行っており入れづらかったため外しました。
おかげでエクストラが空いたため様々なカードを入れています。
 
正直環境デッキに勝ててないので今回のデッキの感触はあんまり良くないです。
改善点として、罠の選択、サイドの練り直しになると思います。
 
短いですが今回はこれで終わりになります。
 
 
 
 
どうしても米ノイド使いたかったんすよ
 
 

秋田CS mini 1st反省

お久し振りになります。
今回は秋田で行われた秋田CS mini 1stの反省になります。
このCSは試合形式が特殊で、ダブルイリミネーションスイスドローというもので、簡単に言えば2敗したら脱落というものです。

とりあえず今回の戦績とレシピから
◎使用【煉獄型インフェルノイド】
①AFヴォルカ(しゃもうさん)○○
②彼岸(ササヅカさん)○○
③帝(SATANさん)○○
④帝(サイさん)✖️○✖️
⑤彼岸(ゆめさん)○○
f:id:hori3156:20151006203121j:image
f:id:hori3156:20151006203130j:image
f:id:hori3156:20151006203202j:image

ざっくりと採用したカードについて理由を挙げていきます。

◎メインデッキ
【煉獄の消華】
彼岸、EMEmに対して初動となる「煉獄の虚夢」、デカトロンを使いまわして場を荒らす為の「遡行する煉獄」をサーチする為に採用。3枚にしてましたが、1枚減らして除去等に回してもよかったと思います。

【煉獄の虚夢】
「彼岸」「EMEm」に対して初動になりうるカード。旧神ヌトスを複数採用することによって、ティエラの効果でエクストラから複数落とし、相手の場or自身を破壊してワンキルに向かうことができます。
その他にも墓地が肥えていれば、①の効果でノイドを展開し、アスタロス等でダメージ半減を解除するということもできます。

【群雄割拠】
基本的に後攻を取る為、先行展開を後から触るカードが必要で採用しました。
御前試合ではない理由として、【帝】はほとんど闇・光属性で構成されてるのに対して、種族は魔法使い・戦士・天使・アンデットとバラついているため、拘束力の強い群雄割拠を採用しました。

【ブレイクスルー・スキル】
前までは【禁じられた聖杯】が入ってましたが、ブレスルになったのは自分のターンですぐにでも無効化したいモンスターがいなくなったからです。
例えば、プトレマイオス→ダイヤ、ダークロウなどです。
また、帝に対しても連撃からの除去を防いだりと有効でした。

【神の警告】
【EMEm】のペンデュラム召喚、【帝】のアドバンス召喚を止めるために採用。

【神の宣告】
【神の警告】と同じ運用、永続を守るために採用していましたが、上記を満たすのなら【神の忠告】でもよかったかもしれないです。

◎サイドデッキ
ヴォルカニック・クイーン】
これは土地柄で【IF】を使う人がいるため、デーモンを除去してバリアを腐らせる為に採用しました。実際は当たらなかったので何とも言えないです…。
一応、彼岸に対して出すと自壊を誘発させて沈溺を回避することもできたり。

【霊滅術師カイクウ】
追い風が吹いていると言われるインフェルノイドに対してミラーを制するため、ネクロスのリソースを削るために採用。

【煉獄の虚夢】
前述した通り【彼岸】に対して初動となりうる為に採用。また、【マジェ】【魔術師】【シャドール】などエクストラからの特殊召喚を行うデッキに投入できます。

【生贄封じの仮面】
言わずもがな【帝】メタ。こちらのデッキのノイドのリリース、「モンスターゲート」を阻害してしまいますが、それ以上にメリットがあるため採用しました。
仮面+閃スタ+ヴァエルorアドラの盤面を作ることができればなお良しです。

【手違い】
サーチを多用するデッキで、メインカードよりも優先される際に投入します。
なんかイマイチ入れる相手がわからない感じがします。【EMEm】に対して入れたいですが、何を抜けば…という感じです。

【連鎖除外】
主に【彼岸】に対して、投入し「ダンテ」「グラバースニッチ」「スカラマリオン」などのメインエンジンを封殺します。
【帝】に対しては、対応したモンスターはいますが、打ち所が限られていて腐り札になりうるため、投入していません。

カードについての理由はこんなところになります。

◎全体的な反省
デッキ的に有利な彼岸には2戦ともスト勝ちと満足のいく結果になりました。
【彼岸】と戦うに当たって、①主にヴァエルで殴ることでリソースを削る、②ベルゼブル等でダンテやベアトリーチェを戻して効果を使わせない、③スカラマリオン、ガトルホッグを除外してアドを稼がせない、④無理に攻めてリソースを無駄遣いしない、という点に気を付けて戦うことが重要だと思いました。特に④に関しては、どのデッキに対してでもありますが、キル出来ないのにリソースを使うのは避けた方が良いと思います。
3試合目の【帝】は相手が2戦とも事故っていたようだったため、なんとも言えず。
4試合目の【帝】に関して、負けに繋がったのがどちらとも「エレボス」や「テスタロス」のハンデスでした。前者はランダムでハンデスですが墓地へいかず、、後者はピーピングハンデスで有効札を抜かれます。
このような試合運びが流行るのであれば、サイドに再びサイフレームγを投入するのもありかと考えています。
消華3 虚夢1→γ3 ドライバー1といった感じでしょうか。

◎これから
次のパックでモンキーボードが登場し、 【EMEm】が一層強くなるのが目に見えます。猿が投入することで先行展開がどの様になるのか、どんな流行りになるなかを見極めて採用するカードを、変えたいと思います。

個人的PSYノイド

お久しぶりです

前回の記事からCSはあったものの
記事にできるようなものでは無かったので
今まで期間が空いてしまいました。
 
 
ということで今回はほもっちCSという名の、16人規模のボックス争奪戦で使った
【PSYノイド】について自分なりの考えを書きます。
 
まずはレシピから
(エクストラはミスがあったので修正します)
 f:id:hori3156:20150826162558j:image
 
個人的な考えとして
インフェルノイド】における【PSYフレーム】は、『積み』のゲームを『まし』なゲームに持って行くカードだと思っています。
 
いくらパワーカードである『名推理』『モンスターゲート』を持っていても、先行ショック魔法宣言、プトレ効果ダイヤなどで死に札になるため、その状態を解決するためのPSYフレーム(γ)だと思っています。
 
 今回のPSYフレーム登場により、できるようになったこと
①ショックなど封殺系を止める
②無効破壊に加え、壁を出せるため、
ワンキルを防ぐ
③プトレに対して推理ゲートで効果を誘い、発動することで破壊+打点追加
④Ωによりハンデス+墓地回復
⑤ドライバー+アドラ✖️2で8100ダメ

手札にドライバーを抱えても、
リリスやネヘモスで一掃した後に
アドバンス召喚することで展開が可能になりました。

こんな感じで使い勝手はだいぶ良いと思います。

Twitterで「ノイドに手札誘発が入っただけじゃん」とおっしゃる方がいましたが、その通りだと思ってます。

今まで無かった、無理なく投入できる手札誘発を手に入れただけだと思います。
ただその手札誘発を入れられるというのが、ノイドを使っていて一番やりたかったことです。

一時期は幽鬼うさぎを1枚だけ入れたり、推理ゲートなし虚夢3枚増殖するG3枚ヴェーラー3枚なんていうのも作ったりしてましたが、いまいち勝率はよくなりませんでした。
そのため今回のPSYフレームの登場は自分が欲しかったものピッタリでした。

今後他のPSYフレーム採用については、止めなきゃ積む魔法がでない限りデッキ自体の爆発力を下げてまで、他のPSYフレームを採用する予定はありません。


こんな感じで雑な個人的考えですが、意見とかもらえたらありがたいです。
 
 
 
 

東北CS 2ndデッキについて

まず東北CS 2ndで使用したデッキ内容について採用理由など。
まず今回の使用デッキですが【インフェルノイド】です。
f:id:hori3156:20150625212936j:imagef:id:hori3156:20150625213000j:image
f:id:hori3156:20150625212903j:image
【メインカードの採用理由】
f:id:hori3156:20150625223411j:imagef:id:hori3156:20150625223414j:image
今回はメインからHEROおよびプトレマイオスを出すデッキ(クラブレ、テラナイト)を強く見ている為、ライトニングボルテックス×3、禁じられた聖杯×2を投入。


f:id:hori3156:20150625223433j:image
HERO戦において自ターンにおけるシャドーミストのサーチを封じ、後続を断ちたかったため『手違い』ではなく即効性のある『捕違い』を採用。また、『手違い』と違って発動できればそのターンは確実にサーチを封じ、ブラフが置けるデッキではないので、サイクロン等の除去を誘えるのも強み。


サイドカードについて】
f:id:hori3156:20150625223452j:image
出るだけでイージーウィンを取れるパワーカードです。出す先としてワンキル要員の『究極竜』、魔法罠封じの『エクストリオ』を採用。
サイドイン候補として対【魔術師】の先攻、【インフェルノイド】の後攻時に入れます。しかし、その他のデッキについては、手札誘発及び『ブレイクスルースキル』、『ホープ・ザ・ライトニング』など、突破方法が多いため採用は見送りました。


f:id:hori3156:20150625223459j:image
主に【海皇】【ネクロス】等に対して投入し、『名推理』のレベルを散らすのと、このカードに複数リソースを使ってもらってゲーム展開を遅らせるのが目的となります。


f:id:hori3156:20150625223508j:image
必ずと言っていいほどサイドから入ってくる『王宮の鉄壁』等の永続を割る為に採用。基本的には伏せることはせず、相手にバックがある時でも本命まで打たないように動きます。


f:id:hori3156:20150625223523j:image
【クラブレ】を見て採用。これがあると『クラウン』『サウザンドブレード』が並ばなくなり、天敵とも言える『プトレマイオス』からは『ダイヤ』を封じて『プレアデス』しか出せなくできます。この点が『御前試合』ではない理由になります。


f:id:hori3156:20150625223531j:image
言わずもがな【ネクロス】【海皇】に投入することになります。


f:id:hori3156:20150625223539j:image
【魔術師】ストラクの発売翌日ということもあり、ペンデュラム封じの為採用。【ネクロス】においても儀式魔法を伏せさせて、『アスタロス』『リリス』『ブラックローズ』で飛ばすことを狙います。


f:id:hori3156:20150625223545j:image
【テラナイト】【クラブレ】【ノイド】など見て投入。元々墓地メタのデッキですが、相手の墓地利用を更に止めることができる為採用。

【エクストラについて】
エクストラについてはキルパターンを後で話すのでここでは割愛します。










東北CS 2nd試合結果

今回は元々出る気が無かった所をあきつくんに誘ってもらいチームを組ませてもらいました。
チーム名【お仕事大好きめう〜】
Aらいす Bサンゾー Cあきつ

予選1回戦
HERO ○✖️✖️ 
チーム○
①羽箒から推理スタートで、デスデーモン+アドラメレク×2でワンキル。
②ブレードハート、エアー追加でリビデでワンキル。
③2戦目とほぼ同じ。
プトレマイオスを立てないでワンキル気味の【HERO】といった感じで、とてもやり辛い。
2人が勝ってくれて助かったが、この時点で緊張ガチガチでした。

予選2回戦
魔術師(ぶちょ賛美さん)✖️○○
チーム○
①こちら後攻モンゲスタートでフェルグラ、ヴァエル、伏せ聖杯、墓地死徒で返す。エキセンで聖杯割られ、慧眼等ぐるぐるから幻想+トラピーズ+相克+通常魔術師が並びワンキル。正直返されるとは思ってませんでした。
②サイクロン、芳香in。こちら後攻推理からデスドラ+アドラ+ヴァエルでワンキル。
③こちら先攻。手札抹殺からモンゲでデビフラss。エキセン警戒で墓地からリリス出そうとするもクロウで抜かれた為、アドラ+デビフラ+エクストリオで返す。エキセン引いてなかった為、返せずサレンダー。

予選3回戦
HERO(サイさん)○✖️○
チーム○
①プトレ2伏せに対して羽箒。ルキフグスefチェーン1、プトレefチェーン2、聖杯チェーン3で除去。次のターン推理からアドラ×2で勝ち。
②覚えてないです。
③ここすいません、覚えてないです。

予選4回戦
HERO(O2さん)○✖️○
チーム○
①先攻プトレに対して激流2枚伏せ。ミストに対して激流2枚発動してリセット。抱えてた推理から展開で勝ち。
②すいません覚えてないです。
③序盤覚えてないですが、アライブソルチャでプトレ+インフィニティ、ライフ1000になる。ルキフグス対象プトレで、ティラスになり、アドラで上から殴って残り100。返すことできず勝ち。

予選5回戦
HERO(3代目Usフォレストさん)○✖️○
チーム○
①後攻羽箒からプトレに対してルキフグス聖杯で除去。名推理で展開し押し勝ち。
②インフィニティ+プトレ+鉄壁返せず負け。
③なんかでライフ1800まで削られるも、ライボルで除去し、アスタロスで後ろ割りながらビートして勝ち。

予選2位通過
決勝トナメ1回戦
ネクロス(カミナさん)○○
チーム✖️
①先攻ゲートからデカトロンssでリリスコピー。脱出、捕違いセットでエンド。
センジュ効果に対して捕違い。デカトロン放置した為、脱出で戻して次ターン召喚からアスタロス落として後ろ割りから、リリス出してビートして勝ち。
②先攻魔封じ捕違いセットでエンド。相手スタンバイに魔封じ発動。4伏せで返した為、リリスssから効果使うと万華鏡×2、降魔鏡、羽箒が飛んでサレンダーもらって勝ち。

結果として個人5-1でHEROに対して3-1でした。今回HEROを強く見ていた為、結果として出て良かったと思います。
特にライボルで前を解決し、アスタロス等で後ろを割ったりと、アド差を広げて勝つことができました。また、捕違いはプトレ単騎を返せない時に、ミストのサーチを封じてワンキルを抑えてターンを返してもらえることが多く、使いやすかったです。

そして、今回CSに臨むにあたって、チームを組んでくれて、調整をしてくれたあきつくん、サンゾーさんに感謝します。




ブログを始めるにあたって

本ブログは環境デッキの考察等をするわけでもなく、使用中のデッキについての考えを書いたり、参加したCS等のレポなど書いたりする予定です。